エアコン取り付けの相場!費用は高いの!?

近年温暖化の影響で夏などエアコンで冷房を毎日ほぼ付けっぱなしにしておいて、部屋の温度が上がらないようにしている人も多いようですが、確かに一昔前であれば冷房無しで生活できたような地域でも最近はエアコン取り付けをして冷房を使えるようにしないととてもまともに生活できないくらい暑くなっているところが多いようです。そのような状況なので、現在エアコンを使用していても、いつ壊れるかわかりませんし、いきなり夏の暑い中エアコンが壊れてしまうと、エアコン取り付けが混み合っていて、すぐに取り付けや取り替えができない可能性もあります。前もってエアコンの設置や交換を考えておくべきですが、エアコン取り付けにかかる費用というのは一体どのくらいが相場なのでしょうか?

エアコン取り付けの費用相場は?

エアコンエアコンの取り付けに関しては、物そのものの代金以外に取り付け費用がかかるわけですが、多くの場合大型家電店などで購入してそのまま取り付けも依頼するというケースが多いでしょう。しかし場合によってはすでに購入済みのエアコンを取り付けだけほかに依頼することや、譲り受けたエアコンを取り付けしたいという場合もあるでしょう。

また引越し先で以前の住まいで使っていたエアコンを移設したいという方もいらっしゃいます。基本的に新品のエアコンの取り付け費用ではコミコミ価格で2万円台半ばくらいからという業者さんが多いです。また窓用エアコンを利用している家庭もあると思いますが、窓用エアコンの取り付けに関しても同じくらいかかる場合が多いです。さらに今まで使っていたエアコンを移設する場合などですが、移設のほうが新品の取り付けよりも費用としては高くなり、3万円以上する業者さんが多くなっています。

普段からエアコンの状態をチェックしよう

真夏の蒸し暑き時期にエアコンが壊れて、新しいエアコンを取り付けてもらうまでに少し時間がかかってしまうと大変です。突然壊れてしまって慌てるよりも、普段からエアコンの状態や調子をチェックしておくようにしたいものです。よくあるエアコンのトラブルとしてはエアコンから水漏れが発生している、冷房をつけていても明らかに冷えが悪いなどの症状があります。

フィルターの掃除や室外機のチェックなどで直ることもありますが、場合によっては専門業者による修理や、買い替えが必要な場合もあります。そもそもエアコンの寿命は10年~15年ほどと言われています。それで使用し始めて10年近く経過するエアコンに関しては、買い替えの心の準備をしておく必要があるでしょう。そして初夏以降はかなり空調屋さんは忙しくなるので、可能であれば早めに交換や設置の依頼をするほうがベストです。

昨今のエアコン事情

昨今色々なジャンルで省エネがうたわれていますが、エアコンの世界でも同様です。省エネ性能の高いものがどんどんと登場しており、五つ星評価などがついている省エネエアコンも販売されています。五つ星のエアコンともなると価格もそれなりに高くなりますが、予算の都合がつくのであればなるべく性能の高いものを選んだほうが良いでしょう。

もちろん部屋の広さや暖房が必要なのかどうかというのもエアコン選びに関係してきます。セパレートタイプのエアコン取り付けを依頼するときには、室外機の設置場所が壁面や屋根に置くタイプなどの場合は追加高料金がかかってくる場合があります。またコンセントを新設したり、配管延長をしたりする場合も追加料金が発生する場合があります。

自分が住んでいる場所やエアコン取り付けをしたいと考えている部屋が思いのほか追加工事が必要になる場合もありますし、エアコン設置に必要な隙間があるかどうかも見てもらわないといけませんので、早め早めに取り付けや交換の計画をしましょう。