エアコン取り付けは隙間を考えて位置を選ぶ

エアコン取り付けを検討し、エアコン取り付けの一括見積サイトなどを利用する前に、取り付け場所のスペースについて考えておかなくてはなりません。どこに取り付けるかによって、さまざまな問題が生じてきますが、室内機とぴったりのスペースでは、取り付けしても効率が上がらなくなってしまうことは理解することが必要です。どうしてこの場所でしか取り付けることができないのか、室外機から距離が遠くなっても、これだけのスペースが必要なのかを理解することが、エアコン取り付けをスムーズに進められるポイントです。

エアコンには隙間が必要な理由

一般的に取り付けられている室内機を見ると、その周囲に隙間が空いていることがわかります。天井とエアコンの間にも隙間がありますし、周囲にもぴったりと壁に合わせてあるわけではありません。この隙間は、わざと作られているスペースで、エアコン取り付けには重要な意味を持ってきます。この隙間が確保できない状態では、エアコン取り付けを断られることが出てくることを理解しておかなければいけません。

フィルター隙間の理由のひとつが、メンテナンスにあります。エアコンのフィルターを掃除したことがある人ならわかりますが、隙間がなければカバーがあかないといったことも出てくるでしょう。メンテナンス性を高めるためには、必ず隙間が必要になるため、エアコン取り付けの段階で確保します。メンテナンスができなくなってしまうこと自体が、クレームにつながるからです。

エアコンの性能的な部分にも隙間は関わってきます。室内機の役割は、空気を吸い込み、温度を変化させて吐き出すことでしょう。そのためには、空気を吸い込まなければいけませんが、エアコンの上部に吸入口が存在しているため、天井との間に隙間を作る必要があります。もしも、隙間がない状態になってしまえば、空気が室内機に入りにくくなり、効率として考えれば、相当落ちてしまうことになるでしょう。これもエアコン取り付けでクレームになってしまうことになるため、隙間が取れないところには取り付けができません。
隙間がなければ、エアコンとして機能を発揮しにくくなりますが、どれぐらいのスペースが必要になるかで、取り付け位置も変わってくるでしょう。一般的に、天井部に吸入口が設置されていますが、50mmはなければいけないとされています。60mm以上取れることが、しっかりと機能を発揮させるためには必要です。メーカーによっても異なりますが、この程度は確保できることが、エアコン取り付け位置の基本となるでしょう。

カーテンレールには十分な注意を

隙間というところでは、エアコンとカーテンの関係も重要です。エアコンの横に位置することがほとんどですが、中にはカーテンレールの上部に取り付け位置を設定する場合があります。この時には、エアコンの吹き出しが自由に動けるだけの隙間を設けなければいけません。ぶつかってしまうような隙間しかない場合には、問題が大きくなると考えておく必要があるのでしょう。カーテンレールに噴出した風が当たってしまうことも出てくるため、効率が驚くほど低下します。

ずらして取り付ける場合も、下部もカーテンレールに対して隙間がかぶらないようにしなければいけません。エアコンのサイズが大きくなってくると起きやすい問題ですが、吹き出し口が自由に動かないことも出てきますし、温度調整に問題が出ることがあります。エアコン取り付けには、十分な隙間が必要になってくるといえるでしょう。

エアコン取り付けには、必ず隙間が必要です。もしも、スペースを確保できないのであれば、エアコンのサイズを小さくすることを検討するべきです。小さくした方が効率が上がるのであれば、この方が適していることになるでしょう。ただし、小型の効率のいいモデルは高価になりやすいところが欠点です。設置場所を変更してしまうのが一番ではありますが、室外機の位置も意識していくことがポイントになってくるでしょう。