エアコン取り付けで総額がずれてしまうのは理由がある

店頭では安く感じていたのにもかかわらず、実際にエアコン取り付け工事をしてみたら、追加料金が発生してしまい、予想していたものよりもはるかに高額になってしまうことが出てきます。これでは、せっかく安いエアコンを見つけても意味がありません。一体総額でいくらになるのかを知ることが、本当にエアコン取り付け工事をしてよかったと思えるポイントになるでしょう。

総額を抑える方法として

料金なぜ、想定していた金額とは異なる総額になるのか、これにはいろいろな理由があります。基本料金に対して追加料金が発生する仕組みを考えていくことになりますが、通常はエアコン本体価格と取り付けに関する工事代金は別途の存在です。購入してくれたことで、工事費を安くしてくれることもあります。ですが、エアコン取り付け工事費用の相場としては、8000円から16000円程度と考えられるでしょう。通常の電気工事として考えれば、これは1人工として考えることができるため、妥当な料金ともいえるところです。消耗品の一部も含まれていますし、道具も持ち込みでくるため、決して高いとは言えないところになるでしょう。

家電量販店の場合には、工事費込みの価格になっていることがほとんどです。合算されているだけのことではありますが、総額ではありません。かなり注意が必要になってきますが、標準取り付け工事費が加算されているだけです。勘違いされる部分ではありますが、別途料金が費用になるケースも多く、総額で見ると全く異なる金額になることも珍しくありません。

中古エアコンという選択肢もあります。総額というところでは、安くなる方法で、程度の良いものであれば、新品とそこまで変わりません。販売している業者によっては、追加料金を必要としないということも出てきます。追加料金が必要にならなければ、総額的には一定となるため、利用しやすい方法になってくるでしょう。工事費は、本体代金と比較してもかなりの比重になってくるため、中古エアコンも検討してみるべき方法です。

追加料金の発生

総額で考える場合、重要なのは追加工事費を発生させないようにすることにあります。対策としては、見積もりをしっかりととることにあるでしょう。現地調査も含めて見積もりを作成させることによって、金額のずれは少なくなり、総額も見えてくるようになります。家電量販店などで購入する場合、担当する店員がしっかりと理解できれば見積もりも正確なものになりますが、現地調査などはおこないません。口頭での説明だけで終わらせてしまうため、追加料金が発生しやすくなるといってもいいでしょう。

追加料金が発生する要因はいくつかあります。総額に違いが出てくる部分ですが、室外機の設置個所による問題は大きいでしょう。室内機から壁を挟んで裏側に設置できるのであれば、まず追加料金が発生しません。別の場所に設置しようと考えた場合には、どうしても配管が長くなってしまいます。そうなると別途工事費が必要になってくるため、総額が高くなってしまうことになるでしょう。

家電量販店などに依頼した時に、追加料金が発生しやすいのは専用回路への接続にあります。エアコン取り付け工事は、専用回路への接続しなければいけません。ところが、エアコン取り付けしたい場所にないことがあります。延長コードで配線したりすることができないものになるため、追加料金が発生することになるでしょう。交換ということで、元のエアコンが使っていたコンセントがあっても、これが専用回路になっておらず使えないときもあります。コンセントのかたちだけでも判断できることがありますので、一度チェックしてから依頼を考えると総額にずれが少なくなるでしょう。